スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奔流の中へ ~三増峠の陣

2006–05–10 (Wed) 23:59
平成18年、5月3日――
武田家の命運を左右する上杉戦役、開戦である。

寄合閣議で予想されていたように
決戦の火蓋はこの日、
せき止められた奔流があふれ出すように切って落とされた。

武田・上杉双方の敵対投票が急激に伸びを見せる中、
合戦場を選ぶ暇さえない両陣営は、
運命にその選定を託す。
かくして両陣営は武蔵-甲府間の戦場、三増峠に集結する。
攻撃側は僅差で武田家が侵攻票を上回り、取得。
両陣営ともに夜半の盛況する時間帯には
350人もの武士をそろえる大決戦となった。

武田家目付 甲賀りき丸、
新米の百足衆(伝令のことです)として上杉戦役の初日から参陣。
不知火棗より受け継ぎし装備を真紅に染め上げ、
長い7日間の合戦を戦い抜く。
彼もまた、荒れ狂う奔流の只中に流れた一滴の意思だった。
その胸に、守るべき思い出と、折れることなき信念を宿して。

三増峠決戦

続きを読む ⇒

或る兵士の出撃

2006–05–02 (Tue) 23:59
4月頃からだったろうか。
甲府の巷で「上杉、武田に宣戦」の噂が流れ始めた。

この世界は封建社会の只中に或る時代性を舞台にしているが
国家方針はきわめて民主的に決定する。
毎週プレイヤー各自が投票した友好票・敵対票をもとに
国家間の外交が動く。
北条家を飲み込み、つい先日雑賀衆の本拠を併呑したばかりの上杉は
連戦連勝のその勢いをかって次なる標的を
圧倒的な「敵対票」と言う数の意思表示で表した。
隣国信州甲斐・信濃を領有する武田。
彼らはついにその矛先を永遠のライバルに向けたのである。

主に生活時間帯を理由にここしばらく、
毎週土曜に行われる武田家有志の集まる会議《寄合》には
参加していなかったりき丸だが
そのような立場のものにも、
今後の方針について紛糾しているという噂が聴こえてきていた。
戦争回避の外交手段をうつのか。
それともこのまま列国最強の名をほしいままにする
上杉家を大向こうに回して
国家存亡をかけたガチンコの戦を受けてたつか。

武田家の議題が揺れる中、
上杉の真摯で直線的な刃はためらうことなく
武田家の喉元めがけて突き出されようとしていた。

続きを読む ⇒

春を待ちわびる日々

2006–04–29 (Sat) 23:59
3月27日、甲賀りき丸は
この世界で生きる理由を喪失した。

しかし、世界を失っても、彼の生命は
厳然と生き続ける世界の上に、残されていた。
個人の寂寞を抱くことなくただ
世界は今日も生活をつづける。


春姫こと海ちゃんの無期限休養に入ってから一月。
りき丸もまた、この世界で生きつづけていた。
風穴の空いた魂が、再び埋まるその日を夢見ながら。

続きを読む ⇒

世界の喪失

2006–03–27 (Mon) 23:59
その日私は、木曜の春野忍軍定例会に備えて
ジャコウ採りに勤しんでいた。
最近、新しい環境に放り込まれて
不器用にも丁寧に適応しようと勤めていたリアルの生活に尾を引かれ
春姫の2nd薬師に渡すジャコウ献上が滞っていたので
ひさびさにその作業をしていたのである。

誤解を呼ばないように補足しておくと、
りき丸やくりちゃんのキャラクターは、
すべからく春姫の作る丹に頼ってきた。
なにしろ、春姫の薬師である空ちゃんが丹を精製できるようになってから
りき丸は丹を買ったことがないのだ。
その代わり、我々は春姫が作る丹の材料として
私がジャコウを、そしてくりちゃんがれい羊角を、
という按配で、一番高価な材料を採集し、
献上するようにしていた。
春姫に求められたのではなく、
我々が自ら率先してやっているところに
春姫の人徳が伺えるであろう。わっはっは!

と、結果としては
春姫を擁護しているというより
りき丸の浅ましさをむき出しにしたような
意味不明の説明になってしまったが、
それはさておき。
今週の献上ぶんを掘り終えた私は、
信書が届いていることに気付き、それを開いてみた。

それは、まさしく晴天の霹靂だった。

続きを読む ⇒

りき丸の生活2

2006–03–19 (Sun) 23:59
こんにちは。
3月に入ってから更新サボりまくりのりき丸です。

ていうかぶっちゃけ、
更新ネタがたまりすぎて何があったかすら忘れてきました。
ネタ人間として非常にダメな行為だと
率直に認めます。

しかも、この苦し紛れの更新。
まあ、暇つぶしです。みてあげてください。

続きを読む ⇒

春姫の衣装狩り

2006–03–09 (Thu) 23:59
こんにちは。
マブダチの康ちゃんが3度目の特化習得を終えたというのに
いまだに特化2すら終わらず、
そのうえlvも50を越えないりき丸です。
フリーター時代より時間は限られているとはいえ
こんな調子でいいんでしょうか?

いいんです!(逆ギレ)

さて、本日も春野忍軍もしくは春野親衛隊は
いつものように集まって今日の遊びは何にするかを相談します。
ふつう、こういう会話をする場合、
手頃な場所での狩りやどこかのダンジョンに行くとか
いろいろと案件が出ると思うのですが、
我々はそもそも、成長をど返しした遊び方をすることが多いです。
だいたいはアイテム採集などがメインになります。
そして、欲しいアイテムを探してくるのは
いつも我らが“春姫”こと海ちゃんです。
(ある意味、春姫に立案を依存している向きもありますが。)

さて、本日春姫がご所望になったのは
近江国は伊勢との国境にいる甲賀抜け忍のドロップアイテム。
我らが姫は非常にオシャレに目がなく、
わざわざお洒落をするために薬師を作ったという経緯すらあります。
薬師の倉庫はそれゆえドロップアイテムのおしゃれ服でいっぱい。
しかし、一方でおしゃれのしにくい忍者にかんしては
今まで酷くご不満の様子でした。
しかし、どうやらこの忍者鎧、形もさることながら(本小札と同じグラです。)
色が非常にきれいだそうで。
ということで今日の目標は
甲賀抜け忍の忍鎧をゲットすることになります。
面子はいつもの親衛隊メンバー。
夜勤明けの徳さんも眠気をおしてお仕えしております。
どうでもいいことですが、現在オタク業界では
メイドを跳び越し執事が流行りだそうで。
となると、さしずめうちの春姫はこの流行の最先端を行きますね。
甲賀抜け忍狩り徒党


続きを読む ⇒

りき丸の生活

2006–03–07 (Tue) 23:59
本日のアップは、日付に関係ない画像の小ネタでお送りします。
題して、りき丸のネバーランド生活。
しょうもないネタばかりですが、どうぞしばしの憩いとして
楽しんでくれたら幸いです。

続きを読む ⇒

« 前へ | HOME |  次へ »

日時

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

賀沢祐介

Author:賀沢祐介
かつて詩人を称していた男。
細々と小説などを書き綴りながら文筆の先に悦びを見出そうとしている。
文筆を除けば己には、恥的人間であること以外何も残らない。
そんなあわれな男です。

■オンラインゲーム世界の分身たち

《信長ONLINE~飛龍の章~》
サーバー:烈風伝
1st
名前:甲賀りき丸
職業:暗殺忍者 lv55
所属:武田家
身分:奉行(武田義信隊)
2nd
名前:甲賀りき之助
職業:侍 lv38
所属:武田家
身分:与力(保科隊)
3rd
名前:甲賀りき乃
職業:傾奇者 lv11
所属:隠れ里
身分:もののふ

《大航海時代ONLINE》
サーバー:NOTOS
名前:ディックガイ
職業:用心棒
商会:ひとりでできるもん。
国籍;イングランド
階級:准七等勲爵士

ブロとも申請フォーム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01 

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。