スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きみの名は、獏神

2007–01–10 (Wed) 22:41
獏神01

甘い


両膝をついて崩れ落ちる姿に、かつてこの地を踏みしめた頃の情熱は見当たらなかった。歯噛みする力すら湧かぬ徹底的な敗北感にうちひしがれながら、その姿を仰いだのは一体、何度目のことであろう。
――獏神
上野国の地に突如出現した龍陰門の奥地に住まう山の守神。
りき丸は、幾度となく挑み、破れ、それでもまた挑みつづけた。仲間たちを半ば引きずっていくかのように集めては、挑んだ。
その先にある未知の世界を見たいのか。否。
己の力を、己自身に問うてみたくなったのではないか。
まったく未知の次元の敵を相手に、攻略法を各々の手で持ち寄りながら
己の実力が劣ることなく、無事に倒せたのだという達成感を得たかったのではないのか。
そのために彼は、まったりぃが命のアヤネFCを半ば専断するかのように振る舞い、日々の呼集を続けながらも、毎夜のごとく党首として振る舞い、徒党編成を続けたのだ。
だが、そうして過ごした日々もはや二週間を数えつつあった12月某日。彼はその壁を越えることなく獏神を相手に11回目の敗北を喫した。

そこに、我らが旗頭である天道アヤネの姿はない。

   * * *

戦国ネバーランドにもうひとつの現実を作りつつある皆さんこんにちは。りき丸です。
まずはあけましておめでとうございます。
更新頻度も月に1度となってきた感じで、『ブログ手習』並の実装で日々を過ごしております。
当然、戦国ネバーランドのほうでまだ触れていない破天実装に関する話題もたくさんあったのですが、夢中で遊んでいたらこんなに月日がたってあっという間に一ヶ月。
そろそろ、破天の章実装後のりき丸を振り返ってみようと思ったら、こんなで出しになりました。


前年度の12月より実装された『破天の章』ですが、このバージョン・アップ、りき丸にとっては以前の飛龍の章実装の頃とはまったく違う実感をもって迎えることになりました。
なぜなら、高レベル帯のキャラを所持した状態で迎えるはじめてのバージョンアップだったからなのです。
いままで私は、三輪山はもちろんのこと、黄泉比良坂も星野山千尋窟も、高レベル向けと銘のつく場所には『旬な時期』に行ったことなど一度もございません。
つまり、大体どの場所も、すでに多くの猛者が挑み、道を拓き、攻略方法の定番や定説などが多く流布されたそのあとに挑戦した経験しかないのです。
ということで、りき丸が破天実装直後にアヤネFCとともに血道をあげたのが、侵攻型新ダンジョンでした。

たった4人の常駐メンバーから動き出したアヤネFCですが、ともにささやかながら何かを企画し、動き続けてきたことで、巻き込んだ人々の数も増えました。
今ではひとつの徒党が作れるくらいの『準会員』(ぶっちゃけて言うと助っ人)を持つアヤネFC。
時宜としてもこのタイミングでの破天実装は非常にいいタイミングだったのです。
(そしていつもアヤネFCの針路を決める決定的発言はふさっちがするのもお約束でした。)
破天の章にバージョンアップ後、アヤネFCが目指した場所は、通称『陸1』こと新ダンジョンの入り口、龍陰門。
攻略情報も出回らないうちから入り浸ったはじめての場所となりました。
この新実装のダンジョンでは、移動実装のいくつかに幾らかの制限が入ることで、無駄な敵NPCとの接触回避が極めて難しくなりました。
それなのに、並の徒党でまともに敵を殲滅しながら進むと、ボスに辿り着くまで半日はゆうにかかる形になっており、どうやって無駄な戦いを回避するかも考えさせられるまさしく"上級者向け"の内容になっています。

初日は凶悪な準備なし全体術を振りまく敵NPCにただ閉口させられました。アヤネFCの龍陰門挑戦2日目にはふさっちが他徒党に混じって突破を決めており、道順や中ボス攻略などにいろいろガイドラインを提示してくれました。
情報はすべて噂をかき集める程度にあえて留めておき、攻略する楽しみを満喫しながら進んできました。
(故に、実装当初から一週間ほど話題になっていた『箱あけONLINE』はまったく経験できませんでした)

しかし、冒頭にあるとおり、りき丸単独で数えること11回、陸1のボスである獏神(通称:いのぶた)に敗北の砂をかまされ続けたのです。
個人的に思い当たる理由は、2つありました。
ひとつは、私自身にそういう高レベルの敵ボス経験が薄いこと。
黄泉クエでは魔犬まで、星野山に至っても1Fまでと、
この圧倒的なボス戦経験の薄さは如実に出てしまいます。
それがりき丸の動きに少なからず影響していたことは否めません。
ふたつ目は、こだわり。
何しろ、夢中で駆け抜けた二週間でしたが、アヤネFCとともに挑み続けるうちに、陸1挑戦でまたいろいろと仲良くなった人たちがいました。
そうした人たちとともに突破したい、そういう意地をもって投手に座り、陸1突破のために構成する徒党で挑戦し続けたのがもうひとつ突破を遅らせた原因だったかもしれません。
アヤネFCの名参謀、里見富佐ことふさっちのブログに最も端的に書かれていますが、この徒党が突破する難しさとして、次の原因が挙げられました。
突破するためのメンバーが固定されてしまうことです。
より詳細に言うと、問題となるのは挑戦する次元に到達しているメンバー手持ちの職が少ないということです。

特に、俺。
よりにもよってりき丸(暗殺忍者)ひとりですからね。

情けない話ですが、暗殺忍者のりき丸ではボス戦でのメーンアタッカーにはなれません。長期戦を余儀なくされるボス戦において、特に敵が準備なし全体術を放ってくる場合において、暗殺忍者の攻撃力の生命線となる滅殺閃・極は、早めに使えば使うほど事故率を高めます。
途中、年末に忙しかった我らがアイドル・僧兵アヤネさんが離脱していましたが、それでも軍学(甚さん)暗殺(りき丸)と援護役的なふたりが同時に徒党に入るところから構成される徒党編成には限界があります。
一度は陸1攻略を通じて知り合った仙論陰陽師、綾部さんを加えた3人の援護役で挑んだ際、術止めおよび手数減らしをマンマーク戦術で展開するという布陣をしたこともありましたが、それでも盾と回復各1枚のハンディはぬぐえないことを痛感させられました。
敗北した11回にチャレンジした構成が主にこんな構成。
暗殺(りき丸)・軍学(甚さん)・仙論(綾部さん)or僧兵(アヤネさん)・薬師(ふさっち)・神職(主に須見さん)・武芸侍か鉄砲鍛冶・盾鍛冶
今回のキャンペーンにおいて、メンバーを固定しすぎたのが災いしたのが明らかです。大体において盾1.5枚の回復1~2枚での構成となっていたため、旗も折れやすく、事故がおきやすい。そのぶんサポート役の負担分散は恐ろしく幅広いわけですが、それでも獏神が放つ準備なし全体術や全体睡眠術などがくれば、徒党立て直しは100%不可能となります。⑥薬師の放つ黒呪を通してしまえば盾が②メイン・アタッカーの一撃でもっていかれる事故も避けられません。
武士道侍が重宝される理由がすごくよくわかります。
そして迎えた12回目の挑戦。りき丸はアヤネFCメンバーとの時間が会わなかったこともあって、はじめて自力の編成に手を染めました。
【古神典・鎧・武士道・医療(ふさっち)・召喚・武芸(股さん)・暗殺(りき丸)】
ガチガチの、ガチ徒党構成。帯に短し、たすきに長しといった今までの構成を恐ろしく整列させたガチガチの徒党です。
これで突破することが出来たのは、確かに嬉しかった。
足掛け13回目の達成です。
甚さんも別徒党で編成、突破を決めました。
それでも、私は釈然としないままでした。
やはり納得がいかないのは、ポリシーを捨てたせいでしょうか。
致し方ないのは明らかなのですが、それでもまだ、先に進む気になれません。


年が明け、我らが旗頭・アヤネさんが陸1突破に再挑戦というタイミングがついにやってきました。
総決算です。アヤネFCに賭けた共に勝利の美酒を味わう喜びを、この手に。思えば、今までの戦いのほとんどは、戦友でもあり、我らの求心力でもあるアヤネさんを抜きに戦ってきたのです。
りき丸は自ら党首の座を借りて、メンバー招集に熱を上げました。
一日目は磐石に二枚の盾を配置する定番の構成。
【鎧(むっほー)・武士道・医術(ふさっち)・僧兵(アヤネさん)・神典(お汀さん)・武芸(静香さん)・暗殺(りき丸)】
しかし、磐石だと思ったこの構成で、見事に3連敗を喫する大敗北。
明らかに援護役としての自分の力不足が響いた結果が導き出されました。サブ・アタッカーを生業にしてきた知力装備なしの暗殺忍者としての限界もありますが、それ以前に応変の際に乏しいと改めて痛感。
この一戦はりき丸にとって大きな糧となりました。

しかし、いい加減15戦を越える経験を積むと、獏神の要領も見えてくるってものです。

必要なのは、盾が①獏神②マッチョ犬の攻撃を凌ぐ間に⑥薬師と⑦狸の動きをどうけん制するか。或いはどれくらい早く落とすかで勝敗が決します。
当然、安定させるには①の全体睡眠術と準備なし全体攻撃術のめぐりあわせを、運に頼るか、止めてしまうか考えてみる手もありますが、それよりも先に盾を不安定化させる⑥⑦の無力化する方が安定化させやすく、勝率は高いと見るわけです。
そこで前日の構成からアヤネFCにて合議の結果、ある苦渋の決断をします。

つまり、りき丸をメインアタッカーに配置。
かわりに術忍者を徒党に入れた構成で臨みました。
【鎧(むっほー)・武士道・医術(ふさっち)・僧兵(アヤネさん)・古神典・術忍・暗殺(りき丸)】

敵の術攻撃を緩和する減殺の術と高い知力を生かした⑥の沈黙で安定化を図り、盾2人が危地に陥った際には朧の術で徒党全体の回避力を高め、死亡事故を緩和する。
なれないメインアタッカーを担当するりき丸は、危地に陥った際は術止めサポートと②の打撃足止めをこなしつつ、⑦>⑥とゆっくり陥落させていきます。

まるで今までの獏神との戦いを凝縮したかのように、長く、苦しい戦いでした。
知人巫女がヘイトの高まりでやられるだけではいざしらず、睡眠や魅了により盾が無効化されたときにアヤネさんが直撃で幾度も死亡し、時には体を張りつづけた熱き魂のキャプテン・むっほーがあえなく膝をつく場面もありました。
時にはメーンアタッカーである俺に継いでこの徒党の実質的要となる術忍さんまで沈んで、もう駄目なのかと天を仰ぎそうになりました。
それでも徒党員、不屈の闘志で粘り続け、りき丸の貧弱な攻撃力でゆっくりと、だが確実に敵を減らしていきます。
そして⑤僧が倒れたとき、あきらかに光明がさしたのです。

撃破タイムおよそ1時間。文字通りの苦闘でした。
この戦いをもって、一応アヤネFC正規メンバーすべてが陸1を突破し、次のステージへ駒を進めることになります。
りき丸はふと、初めて訪れた達成感に実を浸しながら、振り返りました。
たくさんの人たちと共に連日連夜戦い、達成する心地のよさもさることながら、この獏神との戦いに賭けた自分の中に、ようやく一つの答えを見つけ出すことが出来たのです。

俺は、自信をもって自分が一人前の戦力であることを、自分自身に示したかったのだ、と。
俺はどこにいっても暗殺忍者として、高レベル徒党の徒党員として、一人前に振舞えるんだと、自力で証明したかったのか、と。

まあ、いまだに黄泉の八雷神やイザナミや、本陣武将に星野山、挑戦しなきゃいけない敵はいくらでもいます。新ダンジョンもまだまだ先にたくさんあります。凶悪なボスの噂はまだまだたくさん耳にします。
それでも、なんとかチャレンジしていくでしょう。
甲賀りき丸、戦国ネバーランドに生を享けて2年半。
ようやく、かろうじて自分も上級者ですと胸を張ることができそうです。

最後に、撮りのがしも多かったので今までの戦いで撮ったSSを。
りき丸の追想の代わりとして。
鎧剛鬼01龍陰門01龍陰門02龍陰門03

スポンサーサイト

« ゆるいお年を | HOME |  にび色販売日記 »

コメント

富佐

りきさんが突破のときの私は古神です…というつっこみをいれてみたりして。それはさておき、よくボス戦は装備は2の次で徒党の連携が大事だって話を聞きます。でもたいていそれを口にしているのは私から見て十分廃な装備を持ってる人だったりするわけですが、今回の勝利はようやくその言葉を実感できたかなという感じでした。

突破するために職を選んでいくのではなく、このメンバーありきで臨むことをこれからも続けられたらと思います。

次は陸2か海1に行ってみます?いあ、ちがった。逝ってみます?
析とか家具でもいいですが^^

そろそろ本筋に戻って析いくのもいいかんじーとか思ったりする今日この頃。
家具、実は潜在的行きたい場所ランキング第1位なんですが
特に白虎の家具が欲しいのですが
とても遠くて面倒だから、言い出せません。
しのたんの動きをつぶさにみつめているともいえます


若葉だった突破記念の時の薬が誰だったのか
思い出せない罪深さよorz

鉄砲鍛冶の静香と名乗る廃神

んー全キャラあげておくと
クエ進捗状況はね
1st 古神典巫女 LV55 イザナミ宮大雷まで 新D全く手をつけず
2nd 武芸@忠盛 LV53 根の国黒雷まで 新D証のみ
3rd 武士道@政盛 LV 54 根の国火雷まで 新D空1まで
4th 暗殺@綾香 LV51 黄泉クエ手付かず 証入手のみ
5th 鉄砲@静香 LV55 根の国伏雷まで 新D空1
6th 鎧鍛冶予定@綾根 LV33 育てる気力沸かず
7th 召喚予定@??? LV19時間あったらぼちぼち

な感じ鉄砲、武士道一段落着いたら一気に鎧と召喚の育成
に移行させる感じ

何かお手伝い必要なら上記を念頭に^-^
またどっかいこか^-^ノシ

おお静香さん!
どっかいきましょーよどっか。
たまに報せに来てくださいよ、育成状況。
気が熟す頃合を見て、俺も知力装備揃えときます。
目指すは根の国。

家具コンプまだか

鉄砲鍛冶の静香と名乗る廃神

一部修正
2nd 武芸@忠盛 LV54 
3rd 武士道@政盛 LV55 
6th 鎧鍛冶予定@綾音 LV33 

な感じ6thは名前間違ってたw
んで私からの意見として皆とどっか色々やったり
する場合高LV帯キャラ複数所持が何かと便利と
思うよ~
私の知人はキャラ一杯持ってるけどPLばっかで
どのキャラもLVが中途半端すぎw

よって専門に起動させるキャラ選べば
3ヶ月もあれば50以上のキャラは出来るはず
巫女さんだったらLV1から特化参及び上級心得弐
終了なら2ヶ月で終わらせる自身あるよん♪

まぁ結局は本人次第だけどねw
他キャラ育成頑張ってくだされ


うむ、解っちゃいるけどしんどいのorz

あのときの薬さんは野良で集めたので私も覚えてないです。
最初密教のみで行こうとする助さんをひきとめて薬にしました。

析は若葉で、家具は富佐で参加しますょ
四神は昔巫女2回復なしとかでもやってるので、構成不問で身内拉致しまくりでいいかと。
ちなみに、若葉の四神が本当にリセットになったのか怖くて確認に行ってませんが鍛冶が四神の季節になったので玄武のときは家具めあてで行きますか。
(だいーぶ先のきがしますけど)

だが本当にきついのは
これからだよ♪

百戦錬磨の強者でも
陸2海1はつらかった^^;

陸1は各々自分の仕事
さえ全う出来れば問題無いかと

まぁイザクエで言う析雷
くらいの難易度かな?
本当の上級者は空1へ行ける
力量を持つ者達ですぞ
故に経験を積み腕を研いてくだされ

難易度が高い程
勝利という美酒はまた
格別なものですw

アヤネFCの皆さん健闘を祈ります。

映画「硫黄島からの手紙」より
「余は常に諸士の先頭に有り」
            まぁ堅苦しいのは抜きでw
今週夜勤と合戦あるから
一緒に何かやるのはむりぽw

だが本当にきついのは
これからだよ♪

百戦錬磨の強者でも
陸2海1はつらかった^^;

陸1は各々自分の仕事
さえ全う出来れば問題無いかと

まぁイザクエで言う析雷
くらいの難易度かな?
本当の上級者は空1へ行ける
力量を持つ者達ですぞ
故に経験を積み腕を研いてくだされ

難易度が高い程
勝利という美酒はまた
格別なものですw

アヤネFCの皆さん健闘を祈ります。

映画「硫黄島からの手紙」より
「余は常に諸士の先頭に有り」
            まぁ堅苦しいのは抜きでw
今週夜勤と合戦あるから
一緒に何かやるのはむりぽw

だが本当にきついのは
これからだよ♪

百戦錬磨の強者でも
陸2海1はつらかった^^;

陸1は各々自分の仕事
さえ全う出来れば問題無いかと

まぁイザクエで言う析雷
くらいの難易度かな?
本当の上級者は空1へ行ける
力量を持つ者達ですぞ
故に経験を積み腕を研いてくだされ

難易度が高い程
勝利という美酒はまた
格別なものですw

アヤネFCの皆さん健闘を祈ります。

映画「硫黄島からの手紙」より
「余は常に諸士の先頭に有り」
            まぁ堅苦しいのは抜きでw
今週夜勤と合戦あるから
一緒に何かやるのはむりぽw

だが本当にきついのは
これからだよ♪

百戦錬磨の強者でも
陸2海1はつらかった^^;

陸1は各々自分の仕事
さえ全う出来れば問題無いかと

まぁイザクエで言う析雷
くらいの難易度かな?
本当の上級者は空1へ行ける
力量を持つ者達ですぞ
故に経験を積み腕を研いてくだされ

難易度が高い程
勝利という美酒はまた
格別なものですw

アヤネFCの皆さん健闘を祈ります。

映画「硫黄島からの手紙」より
「余は常に諸士の先頭に有り」
            まぁ堅苦しいのは抜きでw
今週夜勤と合戦あるから
一緒に何かやるのはむりぽw

なんじゃこりゃあ~w

一見4回おなじ投稿をしたと見せかけて、実はひとつだけほかのと違うのです。そういうおちです。きっとそうです。たぶん…いやもしかすると…

でも間違いが見つかりません

投稿したあとのページでリロードしたに砂鉄3個!!

コメント13もつくブログじゃないので焦ったwww

腕はまだまだ磨かなきゃね^^
当面の目標は平準並みの知力装備を換装すること
家具を集めること
そしてアヤネFCで楽しく毎日をすごすこと。

空1いきたいね^^でも、みんなでいこうね。
一緒に突破しなくてもいいから^ー^

育成状況更新
7th 召喚予定陰陽師 レベル29 コウゾ(携帯じゃ変換不可)
壱、参、四、五を19枚集め終わり

一応予定は四月までに特化四終わればいいかなぁ
陸2海1りっきーさんがメインアタッカーやるなら
綾香(特化暗殺)の装備貸すって手もあるにゅ
お手伝い必要なら時間合えば手伝えるかねぇ~

おうおう^^時間があえばいこういこう!

基本的にいつだって時間があえば、って感じだよね。
それでいいと思う。
どんな私設もそうか。うん。

でも家具集めツアーくらい気軽に都合つけたいとかおもったりもする^^

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://kazawa.blog39.fc2.com/tb.php/94-356d205a

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

日時

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

賀沢祐介

Author:賀沢祐介
かつて詩人を称していた男。
細々と小説などを書き綴りながら文筆の先に悦びを見出そうとしている。
文筆を除けば己には、恥的人間であること以外何も残らない。
そんなあわれな男です。

■オンラインゲーム世界の分身たち

《信長ONLINE~飛龍の章~》
サーバー:烈風伝
1st
名前:甲賀りき丸
職業:暗殺忍者 lv55
所属:武田家
身分:奉行(武田義信隊)
2nd
名前:甲賀りき之助
職業:侍 lv38
所属:武田家
身分:与力(保科隊)
3rd
名前:甲賀りき乃
職業:傾奇者 lv11
所属:隠れ里
身分:もののふ

《大航海時代ONLINE》
サーバー:NOTOS
名前:ディックガイ
職業:用心棒
商会:ひとりでできるもん。
国籍;イングランド
階級:准七等勲爵士

ブロとも申請フォーム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01 

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。