スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ、家具のために

2006–11–08 (Wed) 02:16
青龍朱雀

白虎玄武



四神――
大いなる国津神・大物主の眠りし三輪山に至る登竜門として、多くの戦士が挑み続けてきた最初の壁。
しかし信オンの歴史も3年を経て、その威容にもすっかり翳りがさしてしまった。
いまや三輪山にたどり着く事は誇るべきステータスでもない。
恐怖の八雷神住まう黄泉比良坂の最奥、イザナミ宮にたどり着き、一攫千金を狙うのがハイ・ステータスならぬ廃・ステータスと化していた昨今、四神にはなんら脚光を浴びる余地もなかった。

しかし、そのような四神への関心もここ最近、にわかに盛り返している。
今までは討伐されたボスが再臨するまで、長時間再POPを待たねばならない制約があったが、一部ボス戦の同時並行対戦が可能となったため、状況次第では容易に連戦が可能となってしまったのだ。
かつて恐れられたその威容は、いまや挑戦する対象ではない。
にもかかわらず、四神たちを倒して得られる潜在開花への経験値は多く、魅力的であった。
四神たちが残す特徴的な手土産も狩りに欲望の花を添えた。それぞれの特徴を生かした固有の『家具』――朱雀の尾、白虎毛皮の敷物、青龍の首、玄武の甲羅――かつては討伐記念のアイテムとして重宝されたであろうこれらの家具は、いまや手の届かない憧れではなくなった。

甲賀りき丸――
戦国ネバーランド『烈風伝』世界に生を享けて2年。いまだ三輪山に足を踏み入れたことすらない彼もまた、このにわか熱に便乗して、今貪るように四神討伐に熱を上げている。

……ということでやっぱり書き出しに無理があるね。固いと。
どうやって記事を書くか、その切り取り方に迷っている今日この頃、皆さんどのようにお過ごしですか。りき丸です。

さて、戦国ネバーランドに日夜通う皆様にとっては当たり前のことでしょうが、四神、とくに青龍狩りが人気です。四神を強調したのはあくまで私の潜在的な我欲が出た結果で、実際は青龍人気の独り勝ちであるのが実情でしょう。
引退した知人にも解るように説明しますと、青龍狩り人気の理由はこの二つ。
・「竜の涙」が落ちるかもしれない、という淡い期待。
・四神の中でもっとも行き易い場所にいる。
今ではゾーンドロップとして有名になった「竜の涙」ですが、昔は青龍が落とすレア・アイテムとして有名でした。その神話が脈々と生き続けていることだけは間違いなく、そうでなくても短時間で到達しやすい場所にいる青龍は狩りの相手としては非常においしい相手なわけです。
青龍人気を物語る画像を偶然用意できました。
こんな感じです。
青龍混雑


ね、欲望、むきだしでしょう

アヤネさんなど知人の協力を得られたおかげで、現在までに朱雀、白虎、青龍、玄武、そしてその先にいる若雷をだいたい2~3回は狩ってきました。本来でしたらこの状態で三輪山にいけないのはおかしいのですが、まあ、ほら。順番、めちゃくちゃだから。そもそも三輪山行くってことすら念頭になかったもので、クエスト・アイテム集めてなかったなんてオチもありますしね。ええ。ほんと、もう。

まあ、それはともかくとして。

ついでに三輪山にも行けるようになろう、という今更ながらの目標ですが、実はりき丸が四神トライアルに一番執着している目的は、無論、四神家具の方にあります。
後日語ることにしますが、我らが春野忍軍の間でもっとも長く続くブームが武家屋敷ブームです。
「蝶よ、華よ」の春姫にお仕えする我々ですが、春姫は昔からゲームというより、ゲームの中にある「生活」に重きをおきます。そんな我々にとって武家屋敷の中に自分の空間を表現する、という遊びはむしろお誂え向きな題目だったりするわけです。
家具もいろいろと揃えました。(というよりほとんど戴きました・・・)
今では100種類まで収納できるはずの納屋も残りわずかしか収められない状態となっています。
私にとって四神家具はいわば、その仕上げというべき獲物です。
まだまだ合戦で手に入るドロップや、トライアル・ダンジョンで集めた銅銭で貰える景品家具など、いろいろと未入手のものは多いのですが、やはり他の家をお邪魔するたびに、一番欲しいと思わせる羨望の家具は、四神セット一式だったわけです。

現在、玄武の甲羅と青龍の首まで揃えました。
余談ですが、アヤネさんは玄武以外のすべてを揃え終えています。ひそかに、アヤネさんと競い合うのも楽しみの一つです。
いずれ四神すべての家具が揃った時、部屋に飾った四神家具とともに私の屋敷でも紹介しようと思いますが、それは少し先の話になりそうです。なにしろ、難敵が二体も残ってしまいましたから。
挑戦権を一度しか得られない玄武をすでに取ってしまえたのは非常にラッキーでしたが、朱雀も白虎もそこにたどり着くまでの道のりは非常に遠く、不思議と双方ともにドロップ率が悪い気がします。目利隊列を入れるとドロップ率が上がるかもしれませんが、それも徒党のレベル次第です。

ともあれしばらくりき丸は、狩り続けることになりそうです。
首狩りならぬ家具狩り族と化して。
青龍の首狩り
スポンサーサイト

« 自戒をこめて | HOME |  その甲羅をしょってゆけ! »

コメント

里見富佐

ほーほーほー
そういう話は意外と好きです

薬師でよければいきますよ
薬師しか家持ってないという事情で…

言われてみると確かに玄武はクエないと沸かないですね
裏技使えば何とかなるのでしょうか。

↑タイトルに名前書いてしまった…しょぼん;;

里見さん、ばんちゃーw
拉致っていいですね?らちっちゃっていいですね?
これでFC常駐でも4人編成で徒党探せるのは大きい!
ぜひ、ご一緒しましょう。

ほほ~あんたもブログあったのねw
よはねっちのリンク先から潜入シタダス(´・ω・`)b

>静香さん
康ちゃんとこ、よく考えたら俺が勝手にリンクしてるだけで
相互リンクじゃないのですよね…

よはねさんとこのリンクは今が旬、呼び込みに助かりやすねw感謝!
これからもぞろっと見てってくだせぇ

スマソ>w<

えぇー
遅ればせながらリンク貼りました><
わすれてたのはナイショ><

>康ちゃん

いあいあw
だって俺、告知してなくない?w無断リンクスマソ^^
そしてリンクさんきゅーw

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://kazawa.blog39.fc2.com/tb.php/90-1dc7a9b9

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

日時

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

賀沢祐介

Author:賀沢祐介
かつて詩人を称していた男。
細々と小説などを書き綴りながら文筆の先に悦びを見出そうとしている。
文筆を除けば己には、恥的人間であること以外何も残らない。
そんなあわれな男です。

■オンラインゲーム世界の分身たち

《信長ONLINE~飛龍の章~》
サーバー:烈風伝
1st
名前:甲賀りき丸
職業:暗殺忍者 lv55
所属:武田家
身分:奉行(武田義信隊)
2nd
名前:甲賀りき之助
職業:侍 lv38
所属:武田家
身分:与力(保科隊)
3rd
名前:甲賀りき乃
職業:傾奇者 lv11
所属:隠れ里
身分:もののふ

《大航海時代ONLINE》
サーバー:NOTOS
名前:ディックガイ
職業:用心棒
商会:ひとりでできるもん。
国籍;イングランド
階級:准七等勲爵士

ブロとも申請フォーム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01 

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。