スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失望とは過信から生まれる

2006–06–26 (Mon) 21:02
これを記すまでだいぶ時間がたってしまいました。
しかしそれくらいの時間が
僕自身の結論を導き出すのに必要だったようです。

ブラジル戦を見終わった次の日は休日だったのですが
私はどこかさえないまま、ひきこもっていました。
(戦国ネバーランドにも行けませんでした。)
やらねばならない私的な用事もあったのですが
それすら手を着ける気になりませんでした。
最初に踏まえて起きますが、
私にとってのワールドカップは、日本代表が軸ではありません。
あくまでも、大会すべてを総じて楽しむサッカーフリークです。
ですが私は、正直日本代表が3試合を終えたあと、
ワールドカップを楽しむ気持ちを見失いつつありました。
日常生活と連日3試合を観ようとする姿勢から起きた睡眠不足で、
体力的に疲弊したというのもあるにはあるのですが
やはり判然としないむなしさを腹の中に抱えたままでした。

今はすでに、
決勝ラウンドがスタートし、
激戦が4試合消化されたところです。
毎日観戦と情報をまとめて復習する私の日常にも変わりはありません。

こうして落ち着いて振り返ってみると
日本代表の戦績はきわめて意外性のないものでした。
私が組み合わせ抽選会が終わった直後に作った
決勝までの総予想表と、
まったく同じ戦果であったというのを確認した、とか
そういうことでもないのですが。
誰もが薄々予想していたことではあります。

正直に打ち明けてしまえば、
私はそれほど過大な期待を日本代表にかけてはいませんでした。
今までのチームの仕上がりがそう思わせたとか
ジーコ監督そのものの存在や、
ジーコを選んだ日本サッカー協会のやり方が理解できないとか
まして、ミーハーな代表フリークを嫌った天邪鬼であるとか
そういうことではないのです。
まだ日本は世界から観れば歴史の浅いのサッカー後進国です。
まだ強力な個性と実力を持った選手が少ない。
個人的には中田英寿と小野伸二が
強い個性と実力を世界レベルで兼ねそろえていると思っていましたが
それでもワールドカップで脚光を浴びるほど
輝かしい才能であるとまでは思っていません。

サッカーは確かに高度なチームスポーツだと思います。
ですがサッカーの複雑さは、
それでも最後の差は個人で決まってしまうという点です。
ブラジルはチームというより11人の個が集まった集団ですが
何故そのチームが最強といわれるか、それが何より端的な結論です。
しかし、そうした個が集まっただけでは
勝てないというのも真実。
だから今大会のアルゼンチンがあれだけ強く見えるのです。
私は、日本代表の善戦を期待してはいても
結果や勝利まで期待してはいなかったのです。


ならばなぜ、私はこの結果にショックをうけたのでしょうか。
メディアの中に流れる信用ある人や記事の言葉に耳を傾け
私は2~3日ほどその答えを探しました。
ここで私は、選び取った言葉を覚書する意味でも
箇条書きにして残していきたいと思います。
なお、意味的に私が解釈している部分も含め
言葉をそのまま引用しているわけではないので
誰の言葉を引用したかはあえて控えます。

「日本代表はまだまだ未熟だが、
このくらいのポテンシャルを示せるのならば、
ワールドカップでもいい試合ができると思っていた。
だが、そうした認識は甘かった。
サッカーとはこういうものかと改めて勉強させられた」
~某Jリーグ監督のコメント

「原因はどこにあるのか。
実力がそもそも足りていなかったのか。
監督の采配が悪かったのか。
選手のコンディション調整に失敗したのか。
サッカー協会の示した4年間の方針が間違っていたのか。
ひとつではないと思います。
ですがそうした原因の究明をこれからひとつひとつ
冷静かつ丹念に行わなければなりません
そして、次のワールドカップに向けて繋いでいかなければならない」
~某テレビアナウンサー

「Jリーグでは選手個々のスキルは高いのに
未だにロングボールで放り込むシーンが多く見受けられる。
日本はまだ、本当の意味での技術の高さを知りません。
ただスキルが高いだけでは、それはサーカスしかできない。
常に変容する試合の中で、
選手個々が何をしなければならないかを瞬時に見極め、行動し、
チームとして反映させることを基本とした
総合的な意味での技術までは獲得していない」
~某サッカー解説者


サッカーは
技術、体力、戦術、精神力
この4つの軸で成り立っているスポーツだといわれています。
これだけではありていに言えばどのスポーツでも同じことだと思います。
ですが、サッカーにおけるそれらの反映は、
めまぐるしく変容しやすく、移ろいやすい状態で試されます。
私が思うサッカーの魅力は、
刻一刻と流れる時間の流れをとどめることなく
一人ひとりの人間(無論、審判まで含めます)の思惑が
タイムリーに反映されながらめまぐるしく変容していく中で、
それら四つの要素をきわめて解りやすく
ピッチの上に表してしまうところにあります。
日本の選手はその4つの要素の中で
技術だけは勝ち得ていたかもしれませんが、
ほかの3つで明らかに
チームとして劣っていたように見えました。


私もまた、代表を過信していた視聴者のひとりだったのだと思います。


ジーコ監督がこんなことを言っていたと思います。
「オーストラリア戦に敗れたことがすべてだった」と。

私は、ジーコ監督の取り組みとその思想を否定しませんでした。
不満を抱き得ない監督などむしろ少ない。
なぜならみんな、試合を監督の気持ちでみているのだから。
ですが、今回監督業自体が初経験のジーコ監督が持つ
数々の欠点に目をつぶってでも
私は今の代表に観たいものがあったのです。

それが、ジーコの退任会見で発言していた「哲学」なのです。

結局、ジーコはそのオーストラリア戦で
彼が目指した日本代表の姿
ジーコが就任以来志向したその姿を捨てました。
玉砕を美化する気持ちはさらさらありません。
しかし、哲学とは貫いてはじめて評価されるものです。
たとえ国内でどれだけ反駁されようとも。
結果がどのような形で終わったとしても。
私が感じたショックはむしろ、
そこに集約されていたのかもしれません。
代表にとっても、監督にとっても
ジーコの哲学を反映するにはまだ、
50年くらい早いのかもしれません。
私はこれからしばらくは、
Jリーグを中心にみていきたいと思うようになりました。

日本には、"日本のサッカー"というものがまだありません。
逆説的に言えば、今回のワールドカップ全試合
決して自虐的な意味ではなく
日本人らしさが随所に表れたな、とは思っているのですが。
私はジーコまで日本人に染まったのかと疑いましたからね。

ワールドカップを観戦しながら
本当に必要なものとは何か、
それを得るのがどれだけ難しいことか
噛み締めてしまうのが率直な気持ちです。
スポンサーサイト

« W杯ならぬW廃 | HOME |  大会終了 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://kazawa.blog39.fc2.com/tb.php/83-9322b73c

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

日時

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

賀沢祐介

Author:賀沢祐介
かつて詩人を称していた男。
細々と小説などを書き綴りながら文筆の先に悦びを見出そうとしている。
文筆を除けば己には、恥的人間であること以外何も残らない。
そんなあわれな男です。

■オンラインゲーム世界の分身たち

《信長ONLINE~飛龍の章~》
サーバー:烈風伝
1st
名前:甲賀りき丸
職業:暗殺忍者 lv55
所属:武田家
身分:奉行(武田義信隊)
2nd
名前:甲賀りき之助
職業:侍 lv38
所属:武田家
身分:与力(保科隊)
3rd
名前:甲賀りき乃
職業:傾奇者 lv11
所属:隠れ里
身分:もののふ

《大航海時代ONLINE》
サーバー:NOTOS
名前:ディックガイ
職業:用心棒
商会:ひとりでできるもん。
国籍;イングランド
階級:准七等勲爵士

ブロとも申請フォーム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01 

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。