スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春を待ちわびる日々

2006–04–29 (Sat) 23:59
3月27日、甲賀りき丸は
この世界で生きる理由を喪失した。

しかし、世界を失っても、彼の生命は
厳然と生き続ける世界の上に、残されていた。
個人の寂寞を抱くことなくただ
世界は今日も生活をつづける。


春姫こと海ちゃんの無期限休養に入ってから一月。
りき丸もまた、この世界で生きつづけていた。
風穴の空いた魂が、再び埋まるその日を夢見ながら。

とまあ、
えらくキャラに似合わないシリアスさではじめてしまいました。
今日は海ちゃん休養後の戦国ネバーランド生活を
例のごとくダイジェストで描いていこうと思います。
もうしょうじき、このブログ、ダイジェストのためにしかないですね。
スイマセェン(ブラックモア風味=参照:スティール・ボール・ラン)

海ちゃんこと春姫は
その不在の間にも下僕りき丸が困らぬようにと
色々なものを残していってくれました。
まずは不在の間に必要になるであろう、
毎週任意配給されていた強壮丹およそ二月分(当社比)。
そして、りき丸が欲しがっていたお守り。
今まで集めていたままだった相互補助の採集物。
春姫の右腕・くりちゃんらに託してあったそれらのものを
受け取ったりき丸は、
春姫を待ちわびながら自分にできることを始めることにしたのでした。

まずは春姫に献上するジャコウを毎週100単位で集める。
春姫帰還時により頼れる党首となっているように
野良徒党での党首経験に磨きをかける。
春姫という求心力がなくなった後も、
春姫を待ちわびる知人たちが離散しないよう
求心力とは行かずとも、相互関係、つまり人脈を保つ。
そして、彼女がどこに行きたいといっても即時対応できるよう
特化目録を修了し、lv50に到達する。

とまあ、全部春姫にからめて見たものの
ぶっちゃけ俺個人の私欲じゃん!というのがオチだったりします。

まずは修得を修了するためにも
党首経験をたくさんつむためにも
TD徒党を自ら編成し、TDでの経験をたくさん積みました。
それこそ時間があれば徒党を集め、足しげく通いました。
当時はまだ敵対関係の残っていた斉藤領・美濃国の稲葉山城にも
TDのためによく潜りこんだものです。
(言わずと知れたことですが、TDの受付は城の中にあります)
幻影館のボスや、龍爪山古刹の天狗など、
その他のTDのボスにもたくさんチャレンジし、
少しでも拙い経験を補うべく精進してきました。
TD修行01TD修行02

時には、美濃国の《不夜城》こと稲葉山にて編成した徒党で
この世界屈指の高額レアアイテム『竜の涙』を拾いにいったりもしました。
lv的にはちょうどギリギリのラインだったので、
今できることは今、ということです。
無論、手に入れた涙は売却し、
その一部は春姫の装備を潤すことに使ったであろうことは
言うまでもありません。
結論から言うと、5~6回通って自ら手に入れた涙はゼロでした。
ですが毎回のように楽しい徒党と同じ時間を共有してきました。
そして良き出会いもたくさんありました。
それだけは党首として徒党を集めた身として
ささやかな誇りになりました。
涙拾い01

しかし、やはりどこかで寂しさを漏らしてしまうことがあったのでしょう。
私がこの世界で心のアニキとしたう康ちゃんは
そんな私を心配してか、彼の仲間たちを紹介してくれました。
私がアニキと慕う男ですから、無論魅力的な漢ですが、
やはり集まる人間も魅力的です。
お陰で、気軽に遊べる仲間もどんどん増えていきました。
特化修了を間近に控えたある日、
私はその仲間たちとともに、
経験値がべらぼうにウマイと噂の蜃気楼の塔へ
康ちゃんなしに狩りに行くこともありました。
蜃気楼経験修行01蜃気楼経験修行02


そういえば、ナイーブな春姫の数少ない先輩である黄さんが
この世界に戻ってきました。
これでようやく、春姫が帰還した時、
彼女が思い描いた夢がひとつ適います。
また、帰参者といえば私個人が世話になった先輩たちとも、
lvが50に近づくにつれ、頻繁に会話を交わすようになりました。
その中には、私が昔世話になった先輩も少なからずいたりします。
人と人との繋がりが、およそ2年になろうとしているこの月日の中で
徐々に翼を広げようとしていました。

気がつけば私は、なかば寂しさを忘れていました。
ときには春姫に向けて、
届くかどうかも解らない信書を、近況報告がてらに書いていましたが
だからといって私の知人がすべていなくなるわけではありません。
定例会は流れても、
くりちゃん京ちゃん徳さんいっちゃんら
春野忍軍の数少ない中核メンバーと
個別に遊ぶ機会はなくなりません。
そして帰ってきた黄さん、
なかなか一緒に遊べなかった修得時代の知人ルルさん、
そしてアニキの康ちゃんたちが
甘えた面を引っさげてくる私の話に耳を傾けてくれます。

ミクシィを通じて繋がる友人たちとも、
より多く話す機会が増えました。
私がこのゲームを始めた頃からお世話になってきた
大先輩の天道さんや
ミクシィで繋がる西武門ことにっしんとも、
育成中の分身キャラではありましたが、
同じ徒党の元で遊ぶ機会もありました。
普段甲府で見かけるものの、
余り接点のなかった武田の人たちとも
知り合ったりしました。
妖魔陣にて


そんな、個人的には満たされた忙しい一月が
あっという間に過ぎ去る中。
この戦国ネバーランドの世界・烈風武田家の天を
大いなる暗雲が立ち込めようとしていました。

烈風世界・最強の名をほしいままにしていた上杉家が
かつて三好や足利など周辺諸国をなぎ倒し
西国一の御旗を掲げたこともある雑賀衆を
三好・足利の再興という機運に乗って、飲み込んでしまったのです。
世界にとってすれば、それはほんの一瞬の出来事でした。
かつて同盟国・北条の居城小田原を占拠し、
雑賀もまた上杉の軍門に。
2カ国の血を吸ってなお収まらない鋭利な刃が次なる標的にしたのが
この武田だったのでした。
かつてより、一部の間で望まれた
『川中島の合戦』の実現。
それが今、斉藤家との長く終わらぬ戦いに疲れ、
多くの歴戦の勇者を″ネバーランドからの引退″で失った
衰えの見える武田家に向けられたのです。

風雲急を告げる風は
甲府の路上でのほほんと寝そべるだけしか能のなかった
ひとりのしがない田舎者の頬まで
届き始めていたのでした。

変態仮面+新浴衣


……To Be Continued?
スポンサーサイト

« 父の笑顔 | HOME |  或る兵士の出撃 »

コメント

春を待ちわびる日々

続きマァーーーーダァーーーー?w

春を待ちわびる日々

悪いw明日w
明日何とかwww

人気のアメカジ ホリスター

ホリスターの検索サイト。通販、Tシャツ、ポロシャツ、ALLINTITLE:ホリスター、水着などホリスターに関する各種情報をお届けしています。 http://fantod.hartmerrell.com/

婦人用バッグ

婦人用バッグを探すなら http://www.karakustr.com/216131/110933/

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://kazawa.blog39.fc2.com/tb.php/78-ea317ba8

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

日時

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

賀沢祐介

Author:賀沢祐介
かつて詩人を称していた男。
細々と小説などを書き綴りながら文筆の先に悦びを見出そうとしている。
文筆を除けば己には、恥的人間であること以外何も残らない。
そんなあわれな男です。

■オンラインゲーム世界の分身たち

《信長ONLINE~飛龍の章~》
サーバー:烈風伝
1st
名前:甲賀りき丸
職業:暗殺忍者 lv55
所属:武田家
身分:奉行(武田義信隊)
2nd
名前:甲賀りき之助
職業:侍 lv38
所属:武田家
身分:与力(保科隊)
3rd
名前:甲賀りき乃
職業:傾奇者 lv11
所属:隠れ里
身分:もののふ

《大航海時代ONLINE》
サーバー:NOTOS
名前:ディックガイ
職業:用心棒
商会:ひとりでできるもん。
国籍;イングランド
階級:准七等勲爵士

ブロとも申請フォーム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01 

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。