スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝説の序章

2006–03–14 (Tue) 23:59
アテネ遠望

船上で常に欲求不満の航海士の皆さん、こんにちは。
ディックガイでさぁ。
今日はいよいよ、あっしの伝説の幕開けについて
語ることにしましょう。

『女は港、男は船……そして俺は全ての港に寄港した漢』

これはあっしがこれから伝説を作った後に残す予定の
迷言、あいや名言でさあ。
その目的を達するためには
イスタンブールで身に着けられるという
伝説の『口説き』の極意は必須。
いや、ぶっちゃけ金さえあれば必須でもないですが、
やはり女を金を積んで口説き落とすってのは、無粋というものでさぁ。
男はやはり、言葉を媚薬に、肉体を楔に。
この手順で女をものにしなきゃあイケマセンぜ。

ということで今日のあっしはイスタンブールに潜入し
口説きの極意を身につけた話でさぁ。
先日、″海賊砦″チュニスにて
イスタンブールに密入航するために必要な
イスラム変装装束を購入したあっしは、
そのまま東北東に針路をとりやした。
アテネ、サロニカといったギリシアの外港を経由し、
イスタンブールへ向います。

イスタンブールといえば、ボスフォラス・ダーダネルス海峡という
海の回廊とでも言うかのように狭い海域を抜けなければ
たどり着けない黒海の入り口。
その狭い海峡にはあまたのイスラム艦隊がひしめき
あっしらヨーロッパ人の侵入を阻んでいると
パウラから聞いてきておりやす。
あっしはそのために、停戦協定状と撤収の鐘という
戦闘回避の二大アイテムを買い込み、常に警戒の網を張りながら
海峡を強行突破しようと画策しやした。
パウラから「単艦でむやみに戦いを挑むと痛い目にあうぞ」と
忠告を受けていたので、あっしもその言葉に従うことにしたわけです。
一応軍装は整えてありますが、これはあくまでけん制用。
下手な雑魚が寄ってきたら迎え撃つくらいの気概でやす。
ボスフォラス・ダーダネルス海峡

風の安定しない内海を詰め開きいっぱいに駆使して
ギリシア近海の入り組んだ多島海を北上したゴールデンディック号は
サロニカ出航後、2日でお目当ての海峡を前にしやした。
はじめてみるこの海峡の狭さに改めて舌を巻きます。
そして、海峡の奥に進んだあっしの船は
驚愕の光景を目の前にしやす。
海峡にひしめく艦隊群

海峡を埋め尽くすイスラム海賊と私掠船の群。
まるでこいつぁカモを掴まえようと舌なめずりする
キャバクラや風俗店のキャッチの群のようだ!!
とよくわけの解らない例えで大げさに驚いてみやした。
とりあえずあっしは西岸側ぎりぎりに船を寄せて
(本来こんなことしたら海賊の格好の餌食ですが)
敵艦隊との接触を極力避けようと試みやした。
が、やはりこの狭い海域で、無事に抜けようってのが甘いのでしょう。
この近海で一番やばそうなイスラム私掠船艦隊に
海峡を抜けるあと一歩のところで捕まってしまいやした。
停戦協定状を使おうとしたんですが、
Sink or Alive(沈むか生きるか)な生き方をしてきたあっしは
そんなもの使ったことがないのです。
荷物袋のどこにしまったか解らないあっしは、
敵船の砲弾を回避するのもそこそこに、袋の中を引っ掻き回しやす。
さながら、狼狽のあまり
四次元ポケットからやかんとか缶詰とか投げ散らかすネコ型ロボットのごとく
あっしはすっかり浮き足立ったのでした。
そこで、ガレー戦(アラビアン・ガレーでしょうかね)に乗った
敵旗艦が接舷、接近戦に。
そこは使い慣れた撤収の鐘で逃れることが出来やした。
あともう少しで戦域離脱を図れると見て取ったあっしは、
艦尾をむき出しにしたまま一目散に北上するのですが、
何しろ向かい風。
するとあっしの背中に向けてみごと後方から3艦一斉掃射が飛んできやした。
クリティカルくらって一発撃沈。
屈辱の沈没でさぁ。

ぼろぼろのゴールデンディック号をひきずったまま
あっしは逃げすがるようにイスタンブールに初寄航です。
どこのモスク?

で、ここはイスタンブール。
ここらへんではずば抜けてでかいモスクが迎えてくれやす。
しかし、このモスク、どこのモスクでしょうね。
あっしはブルーモスクしか聞き覚えがないんですが
見たまんま、ブルーモスクの白い大理石の外観には見えやせん。
(ブルーモスクの言葉の由来はたしか、
内観が青いからだった気がしやす)
スレイマニエ・モスクかもしれやせんね。
一番有名らしいですよ。イスタンブールでは。

さて、あっしは観光気分もそこそこに、
かつてビザンツ帝国の首都であり、
いまやイスラム最大の要衝となったこの都に住まう
ひとりの伝説的な女性を探しやす。
その名もロッサーナ。なんかヨーロッパ的な名前でやすね。
少なくともトルコっぽくはありやせん。
イスラムの奴隷商人に捕まり売られたキリスト教圏出身の女が
踊り子としてこっちで大成し、
口説きの極意を伝授するコンサルタントにでもなった……
みたいに映りましたよ。このお姉さん。
さて、さっそく口説き修行の開始でさあ。
以下、勝手な妄想。
口説き修行

「おやおやぼうや……あんたも女を手のひらで弄びたがっている
そこらの殿方と同じ願望をお持ちのようだね。
でも、甘いわ。そんな甘い心構えじゃダメね。
女心は流れる水のように移ろいやすく、
シナのシルクのように繊細なのよ。
弄ぼうなんて考えずに、
弄ばれる気で相手の気持ちを揺さぶらなきゃダメね。
さあ、口説きの極意を知りたいんでしょう?
まずはこのあたしを、口説いて御覧なさい!」
口説き修得

みてくだせえ、この頭上に輝く煩悩の爆発を!
厳しい修行でした……
ロッサーナの姉御を相手に、あの手この手下の手までつかって
必死の修練を積むこと一ヶ月(大嘘)
あっしはついに、口説きの基本をすべてマスターしたのでさぁ!
口説きスキル

あっしは生まれ変わりやした。
ついに念願の「口説き」修得。
生まれ変わったついでに、さっそくこの都一の酒場娘を口説きにいきやす。
名前はラディア。SS撮り忘れやした。スイマセン。
イスラム女性らしく、その美しい黒髪をチャドリで隠しておりやしたが
なかなかその中身は妖艶そうな女性でさあ。
さて、まずはあっしの冒険記録の中から、
今まで寄航した港をあげてみます。
まず試したのはこの近海の港。
やはり、近海のよく知る港では話しの種にならないようです。
明日のために~実践篇その1

ということでとりあえず、あっしがいったことのある港の中では
遠い部類になる西アフリカ沿岸の港「サンジョルジュ」を
選んでみやした。
実践篇その一 結果

オホホ!なかなか好感触ですな。
何故かこの一回で一旦会話を区切り、
再び話しかけると「あら、以前いらした方ね」とか抜かすのは
どういうマヌケですか、という感じですがまあ、
ゲーム的に言えば安いアイテム一個分プレゼントしたくらいには
好感度が上がってるようでやすね。
明日のために~実践篇その2

つづいて、今度はパウラ協力の下でゲットした
海域の報告材料を使ってみやしょう。
とりあえず、イスタンブールから遠くて、
それなりに安そうなネタであるロカ岬。
ポルトガル中部の岬ですね。
こんなイベリア最西端の岬を種に、一体何を口説いているのか
あっし自身も想像がつきやせん。
すると、やはり…
実践篇その2 結果

なんてツレないお言葉。
しかしそれでも好感度は上がるようでやす。

とりあえず、まだいろいろと試したいことがたくさんありやすが
まだまだあっしの口説き道は始まったばかり。
これから実戦を積み重ねて、いつかは名うてのジゴロになりやすぜ!
スポンサーサイト

« 商人修行と新たな任務 | HOME |  マイミク経由・トラップバトン »

コメント

摂食障害の治療

摂食障害の検索サイト。ブログ、芸能人、治療、克服、自助グループなど摂食障害に関する各種情報をお届けしています。 http://lancer.portocallrestaurant.com/

ハンドボール

ハンドボールを探すなら http://www.carrot-import.com/101070/214668/

冠婚葬祭サービス

冠婚葬祭サービスを探すなら http://www.bigwatersrealty.com/101438/200052/

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://kazawa.blog39.fc2.com/tb.php/72-cc1c11f7

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

日時

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

賀沢祐介

Author:賀沢祐介
かつて詩人を称していた男。
細々と小説などを書き綴りながら文筆の先に悦びを見出そうとしている。
文筆を除けば己には、恥的人間であること以外何も残らない。
そんなあわれな男です。

■オンラインゲーム世界の分身たち

《信長ONLINE~飛龍の章~》
サーバー:烈風伝
1st
名前:甲賀りき丸
職業:暗殺忍者 lv55
所属:武田家
身分:奉行(武田義信隊)
2nd
名前:甲賀りき之助
職業:侍 lv38
所属:武田家
身分:与力(保科隊)
3rd
名前:甲賀りき乃
職業:傾奇者 lv11
所属:隠れ里
身分:もののふ

《大航海時代ONLINE》
サーバー:NOTOS
名前:ディックガイ
職業:用心棒
商会:ひとりでできるもん。
国籍;イングランド
階級:准七等勲爵士

ブロとも申請フォーム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01 

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。