スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラブルメイカー

2006–02–21 (Tue) 23:59
本日はきちんと起きて普通に出勤。
「あら、今日は麗しくおめざめ?」
とアネゴにからかわれれば、
ボスからも
「アネゴからモーニングコール貰ったら?『あんた、おきなさいよ』ってさ」
とさっそくからかわれました。
笑いになってるから、いいんですよ。

しかし、お仕事ではなかなか軌道修正ができており、
なかなか安定感ができてきました。
初期の頃から数回出していた過不足で
ボスから注意を受けつつ問題解消のための話し合いも
業務中に行ったりしてきましたので、
自分の業務上のケアレス・ミスを修正していく方法論も
しっかりと確立されたのが大きいようです。

今日は時期的に売り上げが低迷する頃合、
取引件数もまばらです。
あくびをかみ殺しながらの仕事となるのですが、
こういう日こそミスが出るのだと
気を引き締めてかかったのですが……
早番のアネゴとボスが帰ったあと、
気が抜けてしまったのでしょうか、
油断していたのでしょうか。
集中は欠かさず、チェックもおこたらず、スピードも殺さずと
自分でも心地よいくらい
いいテンポで仕事をしていたのですが……

閉店一時間前に在高をチェックしたところ、過不足発覚。
なんと言うことだ……

本来、それほど忙しくない今日は、
一時間前から周到に締めの作業に入り
閉店後15分には全ての業務を終え、
出納にレジ金と売り上げを納金して30分にはあがっているはずでした。
しかし、細部にわたる再三のチェックと
過不足を認めたあとの原因究明に追われた私は
社員の方やレジオペレーターのサブリーダーまで巻き込み、
9時まで残業する事態に。

帰宅途中、サッカー雑誌を読みながら、
どうしても釈然としないこのミスを思い返し、
何故こういうことになるのか考えてみました。
何しろ、私にしてみればこれは大問題なのです。
なぜなら、3月に訪れる正式な契約更改期間まで
雇用上の関係で私の契約はひと月ごとに更新しています。
つまり、きろうと思えばいつでも切れる契約で、
いわば試用期間といっても過言はない現状。
遅刻については先日の一回はもう、受け入れるとして
これから気をつければいい事なのですが、
過不足については、このひと月の間に数件上がっているわけです。
以前のミスが発覚した際には、
ボスから「君、ちょっと多いよ?気をつけなさい」と
厳しく言われたばかりでした。

私はふと、『植村直己物語』という日本映画のワンシーンを思い出すのです。
植村直己といえば、有名な登山家であり、
単独犬ぞり北極点到達、世界五大峰単独登頂達成などを樹立した
稀代の冒険家です。
彼の人生を物語化したその映画で、
植村直己ふんする西田敏行が、
社会復帰するべく日本社会に混じって奮闘するシーンがあります。
しかし、経理の帳簿はあわなかったり、
何をやらせてもまるでダメ。
社会人としてはまるで失格の植村直己は、
結局違う手法で食べていくことを考えます。

そのシーンにどこかシンパシーを覚えた私でしたが、
今私の胸に去来したのがそのシーンだったわけです。
私は、生来の夢想家です。
偉大な祖父や父の遺伝子を継いでいますから、
努力すれば人並みの働きはできると思っているものの
やはり、肝心なところ、私は眠っている世界に等しい場所に
常日頃から飛ぶくせがあるのです。
思い出したのです。
アネゴが帰ってからの最後の2時間、
抗えない夢想世界の招待に半分頭脳を持っていかれたまま
レジ・オペレーションをしていた瞬間を。

何を夢想していたかは、眠っている途中見る夢と同じで
はっきり覚えていません。
たしか、私が以前書いた小説作品の続編に関するワンシーンでした。
別に考えようとして思いついたのではなく、
こういう夢想は突如、私の頭に浮かんでは、
私の脳みそを別の世界に持っていってしまうのです。

きっと、植村直己も、帳簿の計算をしながら
数字をあわせるときに、同じようなことを考えていたのかもしれません。
彼ならばきっと、これから旅立つ未知の冒険プラン。
私は、自分の作品に対するとりとめもないイメージ。
直そうと思って、直せるほど生易しいレベルの問題でないことに
気付いてしまいました。

うぅん。
うまく、折り合いつけられないだろうか。
これは難問です。

それよりも、私は契約更新、できるのでしょうか……
そして、トラブルメイカーとしてのキャラは
このままバッチリ定着してしまうのでしょうか……。
まあ、それはいいんですけどね。
それでも、ミスは減らしたい。
現在のささやかな、そして真面目な目標です。
でなければ安心して、次のステップに進めません。

仕事をしながら、執筆も続けるという
スタイルの確立にこぎつける、それがひそかな目標なのですから。
スポンサーサイト

« りき丸・金色装束 | HOME |  奇妙な会食 »

コメント

トラブルメイカー

がんばってください。
・・・と言われるのが一番心苦しい、と思う
鼻より

トラブルメイカー

hahaha 自由契約決定
俺の仲間いり、いいねデスってるかんじか
倶楽部 万歳

トラブルメイカー

わたしの以前のバイト先の貸しスタジオでは、レジ閉めの際、
「100円たりませーん」
「おっけ、ピックいっこ売れたことにしよう」
「2300円たりませーん」
「おっけ、電池とスティックと、あとはピックで帳尻あわせといて~」
というやり取りが日常でした。
よくそれで成り立ってたなあ…

トラブルメイカー

>DEAN

俺は負けないぞ!デスッてる俺でも
社会の一辺にかじりつけることを証明するのだ!
(とかいって結局食えなくなるのがいやなだけ)

>はぐ

まんが喫茶の頃は俺も
そんな感じだったんだけどねえ。
今はなまじ責任が要求されるからねえ……

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://kazawa.blog39.fc2.com/tb.php/57-039833bd

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

日時

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

賀沢祐介

Author:賀沢祐介
かつて詩人を称していた男。
細々と小説などを書き綴りながら文筆の先に悦びを見出そうとしている。
文筆を除けば己には、恥的人間であること以外何も残らない。
そんなあわれな男です。

■オンラインゲーム世界の分身たち

《信長ONLINE~飛龍の章~》
サーバー:烈風伝
1st
名前:甲賀りき丸
職業:暗殺忍者 lv55
所属:武田家
身分:奉行(武田義信隊)
2nd
名前:甲賀りき之助
職業:侍 lv38
所属:武田家
身分:与力(保科隊)
3rd
名前:甲賀りき乃
職業:傾奇者 lv11
所属:隠れ里
身分:もののふ

《大航海時代ONLINE》
サーバー:NOTOS
名前:ディックガイ
職業:用心棒
商会:ひとりでできるもん。
国籍;イングランド
階級:准七等勲爵士

ブロとも申請フォーム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01 

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。