スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしもピアノを爪弾くジゴロになりたい

2006–02–28 (Tue) 23:59
実は先日、
給料日とともに解放されたように私は
今まで保留していた買い物をどっさりしてきました。
DVD2本にビデオ1本、CD4枚。
どれも銘柄は共通しています。

プリンス。私にとって永遠のイコンであり、
神に最も近き人間であり、
救世主であり、手本であり、
そして至上のメロディーメイカーであります。

もう、変態を地で行くような私ではインパクトのない発言ですが
ここまで信奉する人物はこの地球上に
ペップ・グァルディオラ以外はいません。
(ちなみにその人はもはや引退同然のサッカー選手の名です。)

さて、DVDとビデオが一本ずつと申し上げました。
DVDは確かにライブビデオです。
ミュージシャンですから、映像といえばそれも当然です。
が、何故その中にVHSビデオで買う必要のあるものが
混ざっているのかと申しますと
これは実は、彼が主演したクソ映画すばらしい映画で
どうしても見たいものがあったのです。

その名も、Under the cherry moon
プリンスの妄想を具現化した素敵なジゴロの一生を描いた、
すばらしい映画です。

続きを読む ⇒

スポンサーサイト

奇妙な会食

2006–02–26 (Sun) 23:59
今日は仕事あがりの後、
化粧品部門の社員やレジメンバーの会食に誘われました。
断る理由はありません。
今月で俺の首は飛んでいるかもしれませんが
(実は昨日もデカイの出してしまいました。)
とりあえず私を認知してもらうことは大切だと思います。

ひとつ説明を入れておきますが、
化粧品売場の販売員の皆さんは誰一人参加しません。
下半身的には、何にもうれしいことはないのです。
でも私はいきます。

場所は銀座4丁目にある高級豆腐料理屋。
豆腐ばっかりでてきます。
午後9時に全員仕事が終わり、お店に向います。
あらかじめ予約されており、座敷の席が用意されていました。

続きを読む ⇒

トラブルメイカー

2006–02–21 (Tue) 23:59
本日はきちんと起きて普通に出勤。
「あら、今日は麗しくおめざめ?」
とアネゴにからかわれれば、
ボスからも
「アネゴからモーニングコール貰ったら?『あんた、おきなさいよ』ってさ」
とさっそくからかわれました。
笑いになってるから、いいんですよ。

しかし、お仕事ではなかなか軌道修正ができており、
なかなか安定感ができてきました。
初期の頃から数回出していた過不足で
ボスから注意を受けつつ問題解消のための話し合いも
業務中に行ったりしてきましたので、
自分の業務上のケアレス・ミスを修正していく方法論も
しっかりと確立されたのが大きいようです。

今日は時期的に売り上げが低迷する頃合、
取引件数もまばらです。
あくびをかみ殺しながらの仕事となるのですが、
こういう日こそミスが出るのだと
気を引き締めてかかったのですが……

続きを読む ⇒

りき丸・金色装束

2006–02–21 (Tue) 23:59
先日の木曜日、豆まきで金色装備に染める染料をゲットしてきました。
ということで、
りき丸装備をそれで染め直してみたのでご報告。
今までりき丸のイメージカラーは緑だったのですが、
鋼の忍者鎧はあえて緑にせず、デフォルト・カラーの金色のままです。
が、兜を金色に染めるとどうなのか、
非常に気になります。
兜の形が形だけに、もしかしたら、Ζガンダムの百式みたいに
なったりして……

続きを読む ⇒

やっちまいましたよ

2006–02–20 (Mon) 23:59
電話が鳴って、飛び起きて、
とったらボスから電話。
「どこにいるの?」
「うちです」
「はあ?」
状況が読めません。
頭もフリーズした画面のように動きません。
「アウアウアウアウア」
とか言ってます。俺。
「……おはようございます、寝坊しました」

続きを読む ⇒

ミクシィ経由 ~おっぱいバトン

2006–02–20 (Mon) 23:59
やったよママン!じゃなくてはぐさん!
俺、ようやくはじらいデカ(い)羞恥系として
そのキャラが認められたみたいだよ!
ってことで、
戦国ネバーランドの方では立ち話を紡ぐ仲の
さる御方からバトンがまわってきました。

今回わかりやすいよ!露骨だよ!!
ということで、相変わらずの質問改竄を含め、
本日のバトンも参ります。

続きを読む ⇒

ジェノヴァONLINE

2006–02–19 (Sun) 23:59
「おれたちゃ海賊おれたちゃ海賊~♪」

ロンドンからはるばる南下して来たディックガイの小型キャラック船の上は
グデングデンに酔っ払った船員たちが甲板で寝そべっている始末。
ディックガイが口説きスキルをゲットするには、
酒宴スキルのランクが3必要です。
ということでゴールデンディック号の船の上では
日夜ビールを浴びるように飲む私の船員たちを観ることができるのです。

続きを読む ⇒

だって今日はママンのバ~スデイ♪

2006–02–18 (Sat) 23:59
キモいタイトルつけてすいません。
ついでに、昔、淫耽賀沢日記でつかったタイトルのネタ
再びリバイバルしてしまってすいません。
ちなみにタイトルの歌は
『スプーンおばさん』のエンディングテーマです。
知らないですか?そうですか……

続きを読む ⇒

春野忍軍、初陣

2006–02–16 (Thu) 23:59
伊賀の忍者砦まで行ってきました。
それも、りき丸、海ちゃん、そしてグリ丸の
忍者3人+知人神職の面子です。
グリ丸が予想以上に早い成長をとげ
lv41にまで到達しております。
りき丸lv47、海ちゃんlv43と
いい具合にレベルが揃ってくれたのが
忍者徒党を組むことができた主因です。
そして、我々の忍者キャラで固めた徒党での初陣を
忍者砦に定めたわけですが、
忍者3人だから初陣は忍者にゆかりのある場所で、
という理由以外の目的が存在します。

忍者砦には隙伺という敵NPCがおります。
ご存知の方も多いと思いますが、
こいつが落とすレア・アイテムに「忍者砦の忍筒」があります。
つまり、忍者専用の火縄銃です。
術忍修行中のグリ丸と珍しいもの好きの我らが姫さまが
このアイテムに痛くご執心なので、
いつか我々の忍者キャラ3人で行こうと約束をしていたのでした。

続きを読む ⇒

おなかとセナカがひっつきはじめる頃合

2006–02–14 (Tue) 23:59
いよいよ恐れていたことが
現実となってあらわれはじめました。
たとえるならば
いよいよおなかと背中が、引っ付き始めたのであります。

続きを読む ⇒

ゴールキーパで差がついた試合

2006–02–13 (Mon) 23:59
リーガ・エスパニョーラ23節、バレンシアvsバルセロナを観戦。
大一番です。
   バレンシア 1-0 バルセロナ

先の試合といい、バレンシアは
本当に一瞬の隙をついて奪ったゴールだけで
逃げ切ってます。
いよいよバレンシアらしくなったなと思います。

カニサレスが良すぎます。
うちのゴールはほとんど、カニサレスの局面で防がれました。
カニサレスひとりで、というのは語弊が出るのですが、
まさにそうです。
うちの"V2"ヴァルデスもいいんです。
キレまくりのアイマールの決定的なドリブルを止めたのは
プジョルが2回、
そしてヴァルデスが一回。
前半のレゲイロのシーンも、ヴァルテスをむしろ私は褒めます。
それでも、カニサレスには及ばない。
今日はあの致命的な凡ミスひとつで、明暗を分けました。

続きを読む ⇒

凍え慕情

2006–02–12 (Sun) 23:59
仕事の帰りに、
バレンタイン売場の惨状を見物しに行ってきました。
ですが、今日は日曜。
夕方になったらお客さんが大分引けてしまってて
平日夕方の食品売り場くらいの混み合いで終わってるのです。
それでも十分込み合っているとは思いますが、
まあ、期待したような"戦場"はそこにはなく。

黙って帰宅することにしました。

しかし、池袋から埼玉に北上する東武東上線が途中でストップ。
沿線脇の木造住宅で火災があったそうで、
途中駅で停車したまま、再開を待たねばならなくなりました。

続きを読む ⇒

屈辱のバレンタイン

2006–02–12 (Sun) 23:59
信長ONLINEが豆まきなら
こちらはバレンタイン。
主要な酒場娘から、バレンタインプレゼントを貰っちゃおうという
非常に嬉しくないワクワクするイベントがあります。
(他にもお使いクエがあるようですが。)

そうです、そのとおりです。
これは、ディックガイのための祭りなんですよ!!!!

準備、全然できてないんですがね。
未だに口説きスキルを覚えてませんから。

続きを読む ⇒

テイクオフ

2006–02–11 (Sat) 23:59
いよいよ昨日を持って研修終了。
私も一人前のシフト要員として、
稼動することになります。
が、準備が相当良かったのでしょう。
周囲のサポートのおかげで不安はまったくありません。
十分に馴染んできたというべきでしょうか。

続きを読む ⇒

バレンタインの百貨店事情

2006–02–10 (Fri) 23:59
前回のへたれた私の発言に
皆様から一様に喝をいただいたりしちゃって
ちと焦りました。
昔はひたすら独り言の日記だったので、
返信を期待する、というのも変ですが、
意識するといったことがなかったため
文章がそのまま独り言になっていました。

さて、結論から言えば
本当に気にしてんのかお前、ってくらい、
さっぱり忘れて臨んだ今日一日でした。
そんな余裕、そもそもない。

続きを読む ⇒

奇妙なひな壇

2006–02–09 (Thu) 23:59
昨日、海ちゃんと夜に会った際
恒例の木曜集会、時間はどうするといわれて
「いつもどおり10時半か11時ごろから始動でいいでしょ?」
と伝えたら
「りきちゃんその時間に起きれるの~?」
だってさ。
ああ確かに私は寝ぼすけですけど、
今日は大丈夫さ、だって休暇は楽しみたいし。

なんて言ってられませんでした。
昨日の日記に時間がかかりすぎて、
就寝も遅く、起きるのも遅く。
ばっちり昼をまわってからのこのこ現れる私に
皆さん「おはよ~、早いねえ」
すでに、予想通りの展開だったのか……悔しすぎる。

続きを読む ⇒

カフス・ボタンと負の想念

2006–02–08 (Wed) 23:59
また寝坊しました。
否、寝付けませんでした。
8時に飛び起き、急いで身支度、
朝食をかきこんで飛び出します。

裏目に出ました。
最寄り駅を目前にして、
まずは定期入れを忘れたことに気付きます。
致し方ない、今日は自腹で行こう。
そう思ったとき、入店証も定期入れにあることを思い出し、
朝から猛ダッシュで家に戻ります。
昨日は寒かったので、ロングコートを着ていたのですが、
どうやらその中に収めっぱなしだったようです。
ダッシュして家を出ましたが、
かきこんだばかりの朝食が胃の中で踊りまくり
走れません。
体を引きずるようにして、私は駅に向かいます。
走れメロスの気分です。

続きを読む ⇒

史上最高のイベント

2006–02–08 (Wed) 23:59
帰宅後、夕食を作りながらログインし、
連日継続中の自動炭掘りを続けていたところ。
ふと知人リストを覗いてみたら
マイ・フェア・海ちゃんが珍しく夜に徒党を組んでいます。
「大勢で珍しいね、なにやってるの?」
と問うりき丸に、答えた海ちゃん
「まめまき~w」

ログイン時に季節イベントが導入されているのは知っていました。
時期はまさに節分。
しかも、この節分でひな祭りの家具(当然雛人形とひな壇その他です)を
収集させようというなかなかイカした試みです。
どうやらそのまめまきで、鬼を追い出すイベントを消化すると
雛人形とかがもらえるらしく。
海ちゃん楽しそうでした。

続きを読む ⇒

電車男にならなかった男のその後

2006–02–07 (Tue) 23:59
「賀沢君合格~」

化粧品売場に戻っての、ほぼ最後の研修。
明日からはここでもひとりだちが始まります。
とあるベテラン販売員さんからは
「やさしく急かしてあげるから頑張るのよ」
と激励をいただき、
先輩たちからは
「何も言うことないね、問題ない!」
と太鼓判を戴きました。
相変わらず肩身の狭い立場と立ち位置であることは変わりませんし
持ち前のフランクさはある程度残しつつも
基本的には謙虚に振舞う(装う、とも言う)姿勢も
依然堅持し続けていますが、
正直、今日はなかなか充実感に満たされた一日でした。

さて、埼玉に下る帰りの電車は近頃、
遠方まで帰宅する客で混雑しやすい急行をあえて乗ることをさけ、
現在はできるだけ快速電車に乗ることにしています。
快速なら、不快感も和らぐし、
問題の場所にいなければ、
私も件に書きましたような、
必殺「お黙りなさい」なんて、
かまさなくても済むわけです。
今日はたまたま座ることもできましたし、
これなら辺に絡むこともあるまい

……そう、思っていたのですが。

続きを読む ⇒

Fotbal品評会

2006–02–07 (Tue) 23:59
リーガ・エスパニョーラ22節、デポルティーボ・ラ・コルーニャvsバレンシアを観戦。
     デポルティーボ 0-1 バレンシア

かつてはスペインリーグの黄金カードのひとつだった。
ファンタジーな攻撃の応酬を見たいなら
『エル・クラシコ』と呼ばれるレアル・マドリーvsバルセロナを。
そしてタイトな攻防からのスペインらしいサイド・アタックの応酬を観たいのならば
このカードという位置づけがあった観がある。
しかし、リーガ優勝すら手にした両チームは
現在世代交代を終えたあと、チーム編成の過渡期である。
バレンシアは借金をごまかしての堅実補強で固めているが、
デポルティーボは枯渇した資金繰りの中で、
有力な若手と、未だ健在のベテランを扱っていく方針を採る。
この試合は、バレンシアの猛然テクニシャン、ダビド・ビージャが
抜け目のない見事なハーフライン・ゴールを決め、
それを守りきっただけに過ぎない。
しかし、観るべきものは多かった。

続きを読む ⇒

賀沢語、禁止

2006–02–06 (Mon) 23:59
彼女と電話でお話した時のことです。
私はたまに、喋り言葉としては難解な単語を使う事がある
というのが話題になりました。

ようは、活字にすると意味の解る内容でも
口語だと意味が解らず考えてしまう、ということです。
私の両親はともに読書家で、
実は二人の会話には昔から
そういう難しい言葉が並ぶ傾向がありました。
ゆえに私も小さい頃からその意味を尋ねて育ち、
自身でも小説を書く際に勉強したりしたので、
日常と同じ言葉として身に着けてしまっていたのでした。
私の仲間も基本的には、文筆活動をしてきたり
私以上の読書量を誇る博識な人間が多いので
いきなり発音で「稀有」とか「懊悩する」とか言っても
当然のように日常語として通じてしまうわけです。
「本を読め、愚民どもめ」と言い捨てるのもいいのですが、
それを言い訳に言語を難解にする人というのは
単に己を浅知恵しかないスノッブだと認めているに過ぎません。

言語というのは、通じてなんぼでしょう。
喋っている言葉が難解だととられるなら
言葉をくだかなければ結局、異人さんと一緒です。
つまり、私は近頃常に、異人さんに見られる危機感があり
(その前に変人さんと呼ばわれることが多いですが)
なるべくかみくだいた言葉を使おうと、腐心している次第です。

続きを読む ⇒

チンチンにされちまった

2006–02–06 (Mon) 23:59
リーガ・エスパニョーラ22節、バルサvsアトレティコ・マドリーを観戦。

前回、「バルサが負けません」なんて
舐めくさった記事を書きましたが、
ようやくこの記事を恥じる時がきました。
バルサ、完敗です。
気持ちいいくらい完敗です。

続きを読む ⇒

幼女からの手紙

2006–02–05 (Sun) 23:59
先日に引き続き、ロンドンからスタート。
大海戦に参加するパウラは放置しておいて、
ディックもさっさと地中海に戻ることにします。
とりあえず、イベントが動かせるところまで動いており、
ポルトガル領オポルト沖に、イベント用のイスパニア艦隊も出現。
無論、放置。
いくらなんでもキャラック単艦でガレオン級に挑む勇気はない。
ディックの所属する商会は基本的に
イングランド国籍のソロプレイヤーを集うという建前があるので
こういう面倒を頼んで見る気にもならず。
パウラと日程が合わないようなら、
商会員にお願いしてみるのもいいかもしれません。

さて、今日は地中海に帰るために、
先週から受けていたクエストを消化することに。
その名も『幼女からの手紙』。
なんで少女じゃないのか?というところに
えげつないKOEI、じゃないや依頼人の意図を感じます。

続きを読む ⇒

真面目でけっこう

2006–02–05 (Sun) 23:59
百貨店の裏方にて、レジうちの仕事を始めてから
だいたい半月がたちましたが
実は早番2連続ははじめてです。
そして今月のシフトは、主に土日にこの2連投が続きそうです。

続きを読む ⇒

ひとりだち

2006–02–04 (Sat) 23:59
いよいよ今日、
はじめての「ひとりでできるもん」だ。
正式にレジ・オペレータとして、
売場の後方支援をひとりでこなすことになる。
アレコレ、聞かれる立場になっちゃうのです。
でも、答えられることはそれほど多くありません。
ていうか、ひとりでテンパる事態になったら、
どうしよう……

よりによって、今までずっと遅番だったのに、
ケアしやすさを考えてか、はたまた単なる都合か、
早番での出勤です。

続きを読む ⇒

チンチンにしてやれ

2006–02–04 (Sat) 23:59
今夜、いとしのエスパニョールがレアルと激突する。
ということで、ビデオをあさり、
18節のカタルーニャ・ダービーを見返す。

実はまだ、みてなかったことが発覚。

続きを読む ⇒

ウラ番長・デコ

2006–02–03 (Fri) 23:59
リーガ・エスパニョーラ21節・バルサvsマジョルカ観戦。

ふと思ったことがある。
バルサを並のチームが止められない理由。
それは語りつくされていることだ。
イロイロとその手の評論を読んでいるし、
試合もだいぶ観てる。

しかし、あらためて実感した。
やっぱり、バルサのウラ番長はデコだと。

続きを読む ⇒

聞き耳日記

2006–02–01 (Wed) 23:59
人間は今でも、環境とともに生きています。
サービス業を続けているとわかりますが
雨の日は客足に影響しますが、
いい影響が出やすいのは比較的、
午後にいきなりくる雨の日。
なかなか外に出たがらないお客様が多くなるため
売り上げが少しばかり左右されるという按配です。
悪いのは朝から雨の日。
こうなると端から店に行く気が起きなくなるので、
客足は途絶えがちです。

今日は化粧品売場に来て以来はじめての暇な日。
かえって作業が手に馴染まないほど、件数が少なくて困ります。
冷静沈着が服を着たような、年下の先輩教官に
難易度の高いまれな取引の処理方法などを伺いながら、
噂話にも耳が傾けやすい一日でした。

続きを読む ⇒

 | HOME | 

日時

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

賀沢祐介

Author:賀沢祐介
かつて詩人を称していた男。
細々と小説などを書き綴りながら文筆の先に悦びを見出そうとしている。
文筆を除けば己には、恥的人間であること以外何も残らない。
そんなあわれな男です。

■オンラインゲーム世界の分身たち

《信長ONLINE~飛龍の章~》
サーバー:烈風伝
1st
名前:甲賀りき丸
職業:暗殺忍者 lv55
所属:武田家
身分:奉行(武田義信隊)
2nd
名前:甲賀りき之助
職業:侍 lv38
所属:武田家
身分:与力(保科隊)
3rd
名前:甲賀りき乃
職業:傾奇者 lv11
所属:隠れ里
身分:もののふ

《大航海時代ONLINE》
サーバー:NOTOS
名前:ディックガイ
職業:用心棒
商会:ひとりでできるもん。
国籍;イングランド
階級:准七等勲爵士

ブロとも申請フォーム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01 

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。