スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢一夜

2007–02–11 (Sun) 03:24
その日もりき丸は気だるそうな足取りで自宅の門を潜ったのだった。
楽市楽座に初の当選を果たして後、連日のように自邸で売り子と商品の値段を相談する日々が続いている。
何しろ、昔からりき丸には売るものがない。
事実、りき丸邸の楽市楽座でも、帰ってきた草壁桜姫の妹薬師が作った透漆を委託販売する以外に目玉がない。
市場より低下で設定したその透漆の売れ行きは好調だ。
表示して5分しないうちに完売してしまうような売れ行きなのだ。
むしろそれが悩みだった。
その5分が過ぎてしまえば、商売棚に陳列されているものは、りき丸が箱あけで拾ってきた戦利品や、貯め続けて不良在庫となった採集材料ばかりだ。

だが、そこにはひとつだけ、他の売買品を圧倒する金額で置かれたひとつの布切れがある。

煤けて小汚く擦り切れそうなその布切れは、その古めかしさ故かどこか妖気をまとっているようにも見える。
その布きれは、とある数奇な幸運がもたらした。
りき丸の導師のひとりである某宰相の誘いに応じて狩りに行った不入山冥境(いらずやま・めいきょう)。その奥地に住まう虚鬼という鬼から奪いとったあやかしの槍《一丸八》より、解体具を使って取り出したのが、その未知の材料である。
現在、この雑巾にすらならない布切れが、市場価格10000貫以上もの値をつけて売られている。古の型の大鎧を生産するために必要な材料らしく、相当高価な取引がなされているのは、現在確認されている限りで、この槍からの解体によってしかその材料が取れない故だ。

知力付与装備をえるための金策に奔走していたりき丸は、その得体も知れない布きれに11000貫の高値をつけて売りに出した。
実はこれでも市場最安値の金額である。
しかし、1万貫。
炭鉱労働者のりき丸がどうひっくり返っても貯金することのかなわない金額、それが1万貫。
おいそれと売れるはずがない。

売りに出して4日目、りき丸は桜姫のおろす透漆を受け取りに自邸に戻り、売り子に透漆を下ろした。
何気なく顔を上げたりき丸は、陳列棚の先頭にあったあの布切れがないことに気付いた。

売り上げ箱を開けたその中に入っていたものは、間違いない、11000貫に及ぶ金子の山。
甲賀りき丸、この世界に生を受けてより2年半にして、はじめて1万貫をこの手に握ることになった。

続きを読む ⇒

スポンサーサイト

Life In The Cage

2007–02–02 (Fri) 03:33
りき乃

仮想現実で金策に汗を流して涙も流している皆さんこんにちは。
りき丸です。
でも画像はりき丸じゃないです。
妹を作りましたよ。巨乳に負けました。ええ、負けましたとも。
破天の目玉、傾奇者を作りました。以後お見知りおきを。

破天の章実装に伴い、いろいろと戦国ネバーランドが活気付いております。負荷がかかりすぎて私が知る限りでもサーバーが二回落ちていますが、それくらいの盛況振りです。
そんななか、りき丸は陸1チャレンジを終えたあと、再びいつもの通りのまったりダラダラなしまりのないネバーランド生活に戻っています。

続きを読む ⇒

にび色販売日記

2007–01–17 (Wed) 18:40
正月明けから始まったセールの激戦も去り、心身ともに日常が平安を取り戻しつつある。
日々向上することと言葉にすれば陳腐なことを、丁寧につづけていくことを忘れずに毎日を過ごそうと思っても、なかなかできないところがあるのは致し方ない。
それでも、己の中の軸を定めて、ぶらしてはならない。
そう信じて生きている。

   * * *

ディスプレイの向こうにいる皆さん、元気ですか。生きてますか。
ちゃんとご飯食べてますか。
私は最近自炊がクソ面倒なのに、今でも自炊癖が抜けない大変宜しい生活です。

昔私は閉鎖された知人のHPにて、販売員の自分を記した「虹色販売日記」なる若気の至り的な日記を公開していました。
急にそれを思い出しだしたので、今日は題名改め、そのかんじで綴ってみようかと思います。


続きを読む ⇒

きみの名は、獏神

2007–01–10 (Wed) 22:41
獏神01

甘い


両膝をついて崩れ落ちる姿に、かつてこの地を踏みしめた頃の情熱は見当たらなかった。歯噛みする力すら湧かぬ徹底的な敗北感にうちひしがれながら、その姿を仰いだのは一体、何度目のことであろう。
――獏神
上野国の地に突如出現した龍陰門の奥地に住まう山の守神。
りき丸は、幾度となく挑み、破れ、それでもまた挑みつづけた。仲間たちを半ば引きずっていくかのように集めては、挑んだ。
その先にある未知の世界を見たいのか。否。
己の力を、己自身に問うてみたくなったのではないか。
まったく未知の次元の敵を相手に、攻略法を各々の手で持ち寄りながら
己の実力が劣ることなく、無事に倒せたのだという達成感を得たかったのではないのか。
そのために彼は、まったりぃが命のアヤネFCを半ば専断するかのように振る舞い、日々の呼集を続けながらも、毎夜のごとく党首として振る舞い、徒党編成を続けたのだ。
だが、そうして過ごした日々もはや二週間を数えつつあった12月某日。彼はその壁を越えることなく獏神を相手に11回目の敗北を喫した。

そこに、我らが旗頭である天道アヤネの姿はない。

   * * *

戦国ネバーランドにもうひとつの現実を作りつつある皆さんこんにちは。りき丸です。
まずはあけましておめでとうございます。
更新頻度も月に1度となってきた感じで、『ブログ手習』並の実装で日々を過ごしております。
当然、戦国ネバーランドのほうでまだ触れていない破天実装に関する話題もたくさんあったのですが、夢中で遊んでいたらこんなに月日がたってあっという間に一ヶ月。
そろそろ、破天の章実装後のりき丸を振り返ってみようと思ったら、こんなで出しになりました。


続きを読む ⇒

ゆるいお年を

2006–12–31 (Sun) 11:46
さて、2006年書きおさめである。

ブログ更新を放置してから一月あまりがたつが
その間に書きたい事は腐るほどあったのだ。
戦国ネバーランドが破天の章に突入したり
それに合わせて実装された手ごわい新ダンジョンに血道を上げすぎて
毎晩とてもじゃないがブログ書く余裕ねえよだったり
そりゃもう毎晩にぎやかにレッツバーレィだったりしたわけで
最近俺は現実逃避のほうに力がはいってきたなまるで現実のほうでは自己実現どころか自己摩滅すらしてないんじゃないかなんて思っちゃったりしちゃってぜんぜんだめっぽいよねほんと人生ゆりかごから即墓場とか思ったりするわけだ。
仕事のほうは順調といえば順調であったりする。
単純に言うと覚悟が決まったというか恥人カザワ30歳にして社会にでるみたいなストーリーで見れば順調なだけで仕事のほうの日記もかけよといわれ続けていたけど書きたいことはそれなりにあってもなんだか急に小恥ずかしかったり(テヘ)
まあなんというか。


面倒だったわけである。

続きを読む ⇒

BUFFET IGAGURI

2006–11–26 (Sun) 03:27
日本全国の戦国ネバーランド中毒の皆様こんにちは。りき丸です。

突然ですが、皆さんはマイホーム、持ってますか?
横文字で言うのもなんなので、武家屋敷持ってますかと素直にお聞きしましょう。
今回の内容はあからさまにネタ切れによる秘蔵映像後悔に見えますが、
違います。断じて、違います。
かなり計画的です。
前々回の『すべては家具のために』でも触れておきましたが
あれもまた計画的な伏線だったんですよ、ほんと、まじで。

おさらいしますと、
我らが春姫とその仲間たちの間で『武家屋敷』が流行っていると書き記したと思います。
実はその流行、詳細を述べるとやや見解が変わると思います。
武家屋敷ブームと一言で言い表してしまうと、まるで仲間内で自分の屋敷自慢をする、という流れに読めてしまいがちです。
が、その実情は違います。
たったひとりの卓越した人間のアイデアを結実させるため
春姫を中心として家具を持ち寄り、屋敷完成に協力するというものだったのです。
彼は1アカウントに持ちうる3キャラすべてに武家屋敷を持たせ
そのすべてを完成させました。
アレンジは気分によって変わったりするので、取材時点の内容でしかありません。
が、ここで私りき丸の目を通し、春野忍軍自慢の屋敷をご紹介いたします。

春野忍軍が誇る卓越した空間デザイナー・イガグリ坊主。
私の日記上での呼称ではくりちゃんの名で表記させてもらってます。
今日は彼が生み出す、微笑ましくもアイデア豊富な屋敷の取材シリーズ第一弾です。

続きを読む ⇒

その甲羅をしょってゆけ!

2006–11–17 (Fri) 23:59
弥生


……苦節2年半。
今更なにをといわんばかりに冷ややかなお世辞を述べる弥生の元に、りき丸はたどり着いた。
アヤネFCと心強き友軍たちの前に玄武はその愛らしい泰然たる威容を顕した。

いざ、決戦の時。

いざ玄武よ
貴様の甲羅、はがしまくってやるからな!!


続きを読む ⇒

 | HOME |  次へ »

日時

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

賀沢祐介

Author:賀沢祐介
かつて詩人を称していた男。
細々と小説などを書き綴りながら文筆の先に悦びを見出そうとしている。
文筆を除けば己には、恥的人間であること以外何も残らない。
そんなあわれな男です。

■オンラインゲーム世界の分身たち

《信長ONLINE~飛龍の章~》
サーバー:烈風伝
1st
名前:甲賀りき丸
職業:暗殺忍者 lv55
所属:武田家
身分:奉行(武田義信隊)
2nd
名前:甲賀りき之助
職業:侍 lv38
所属:武田家
身分:与力(保科隊)
3rd
名前:甲賀りき乃
職業:傾奇者 lv11
所属:隠れ里
身分:もののふ

《大航海時代ONLINE》
サーバー:NOTOS
名前:ディックガイ
職業:用心棒
商会:ひとりでできるもん。
国籍;イングランド
階級:准七等勲爵士

ブロとも申請フォーム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01 

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。